2020年05月20日

まったくのド素人でも超簡単!


詳細はコチラ







■■■■■■■■■■■■■■■■■

返金保証付き!!

アービトラージじゃない。

チリツモ・ブックメーカー投資法

■■■■■■■■■■■■■■■■■


まったくのド素人でも超簡単!


チリツモ・ブックメーカー投資法は、

まったく訓練の必要がないといってよいでしょう。

指定したノウハウどおり実践して、

自分の空いている時間に数クリックすることで投資が完了します。



早ければ10分後には利益が確定します。

簡単で、繰り返すほどに利益が増える。

ただし、少しずつ着実に。

投資で必要なことはより少ないリスクで、

シンプルなルールで、

より多いチャンスで地道に繰り返すことが重要です。

特別な情報や、瞬間的な判断が必要な手法は長続きしません。



チリツモ・ブックメーカー投資法では、

ご利用者様にできるだけ等しく成果を上げていただくことを目指しています。


詳細はコチラ



特別な才能を持った人だけが成功できるものではありません。

ごく普通の方が、難しく考えずに


少しずつ資産を増やしていける投資法をご案内いたします。


================================
(Q)スマートフォンだけでもできますか?

(A)できます。

チリツモ・ブックメーカー投資法は

ごく簡単な情報をもとに投資しますので、

iPhoneやAndroid端末からでもパソコンと同様の手順で投資できます。



(Q)商材料金以外に情報料がかかるんじゃないの?

(A)一切ありません。アービトラージ情報商材では、購入後、

アービトラージ情報を販売する案内が届くことがありますが、

本商材はそのような情報なしにご自身の簡単な判断だけで

勝ち続ける方法をご紹介するものです。

ご購入者様に対して、後から有料情報をご案内することは一切ありません。



(Q)どうせ詐欺商材なんでしょ?

(A)そのように感じた方は購入をお控えください。

この投資方法が広まると先行者利益が損なわれることも考えられます。

ただ現在は数百億円〜数兆円のお金が流れている市場でありながら

日本ではあまり行われておりません。

ですから、今後少なくとも10年ぐらいはこの情報の価値が

下がることはないと考えています。


================================

詳細はコチラ



居間でも外出先でも、空いた時間にスマホでお金をかき集めましょう。



もちろん、最初はパソコンの画面で実践し、

投資方法に慣れてきてからスマートフォンで行ったほうがよいでしょう。

チリツモ・ブックメーカー投資法はiPhoneの画面だけでも十分に実践可能です。



あなたのやることはたったこれだけ。

******************************************************

作業手順は次のとおりです

1.毎朝(朝でなくてもOK)あるHPを開いて当日の情報を確認します。
2.空いた時間ができたらワンクリックして情報を確認します。
3.簡単なルールに基づき、情報をチェックします。
4.同一画面上で数回クリックします。
5.遅くても数時間後、早ければ数分後に利益が確定します。

******************************************************

詳細はコチラ


≪ご注意ください!≫

今後、このノウハウが主流になり、

日本からの投資が大挙して押し寄せ、

日本人の口座がほぼ勝っているということになれば、

ブックメーカーのルールもいつか変わるかもしれません。



「日本人はみな、ブックメーカーで勝っている」



ということになれば、

日本からの投資が制限されることもあります。


私たちにできることは、

ブックメーカー側がルールを変えないうちに稼ぎまくることです。



少なくとも、「チリツモ・ブックメーカー投資法」を手にした方に

向こう10年間は勝ち続けいただくことを目的としています。

詳細はコチラ


いま、やらなければもうチャンスはやって来ないでしょう。


<関連サイト>

ブックメーカー投資法 勝利の法則 井口武行 口コミ

2014年01月10日

アービトラージには乗り遅れたけど、チリツモに間に合ってよかった


詳細はコチラ






実践者の声

アービトラージには乗り遅れたけど、チリツモに間に合ってよかった



先日のオフ会はお疲れ様でした。
やっぱり皆さん、一度はアービトラージをやっていたんですね。

自分もアービトラージの情報商材を買いましたが、すでにMax Betが入っているし、
アービトラージも見つからないし、完全に出遅れたと思いました。

しかし、チリツモは口座を開けばすぐにはじめられるという手軽さがいいですね。
サイトを見れば、ルールにあったゲームがぞろぞろ見つかります。
ついつい、欲をかいて「チリツモ」以外のゲームに目がいってしまいますが、
ここはグっとこらえてルールどおり「チリツモ」にそって小銭をひろっていきます。

本当にチャンスは毎日、一日中転がっているといってよいです。
スマホの中に小銭が散らばっているので、仕事も忘れてベットしたくなりますね(笑)
まあ、あくまで副業として楽しむようにしています。

チリツモはアービトラージと違ってまだスポーツブックの楽しさが残っていますが、
それでも仕事としてやるつもりはありません。

チリツモはストレス解消のためのゲーム感覚で、さらにお小遣いが稼げるのが魅力だと思います。

給料もあがらないし、というか低くなりました。

株をやるには元手がない。FXをやるには時間と知識がないという自分でも、
すぐにはじめられて成果が残せるのがチリツモ・ブックメーカー投資のメリットです。

これからもコツコツ、ネットの中の小銭を拾い集めます。

現金があれば何でもできる!!の気持ちで頑張ります。




詳細はコチラ



<関連サイト>

ロトイーグル 口コミ



競馬で負け、パチンコで負け。ギャンブル運なしの自分でも3日で勝ちました


詳細はコチラ






実践者の声

競馬で負け、パチンコで負け。ギャンブル運なしの自分でも3日で勝ちました






俺はすべてのツキに見放されていると思ってました。
競馬ではオッズ1.1倍を買ってもはずれ、
一発逆転を狙って三連単、さらにはWIN5も買いました。
もちろん、やればやるほど負けるばかりです。

パチンコ必勝法の本も何冊買ったかわかりません。でも、セグの画像なんて覚えきれません。
結局、頭のいいヤツ、運のいいヤツのところに金が集まって、
俺のところからは金が逃げていくだけなんだと思っていました。

そこからは情報商材を買いあさり、「簡単・せどり」なんて商材を読んで古本屋をまわりましたが、部屋に古本の在庫が積み上がっただけでした。

自分にはギャンブルの才能もない、ネットビジネスの才能もない。ないないづくしです。

そんな絶望の中で出会ったのが「チリツモ」でした。

なけなしの金をはたいて、これで騙されたら本当にギャンブルはやめようと思って
口座に1万円を入れたんです。

まったく、ネットに小銭が転がっているだなんて、そんなうまい話が・・・

ありました!!

最初にチャリンと小銭が転がってきたら、あとはもう繰り返すだけです。
自分のスマホからチャリコンチャリコンと小銭があふれてくるようです。

まるで、叩けば小銭が増えるスマホのようですね!!

「スマホを叩けば小銭がひとつ♪」と歌いながら楽しんでいます(笑)

ベンツを買ったり、キャバクラで豪遊するほどの
お金じゃないですけどね。
ちょっといい寿司屋に入れるようになったぐらいだけど、
この違いは本当に大きい。
回っていない寿司を後輩におごりましたが、
チリツモで稼いだとはいわず、
万馬券を取ったことにしてしまいました。

しばらくは、競馬がうまくなったということにしておきます。



詳細はコチラ



<関連サイト>

スリーミニッツキャッシュ 北川賢一 口コミ 検証


高い再現性。シンプルなロジック。良質な情報だと推薦できます


詳細はコチラ






実践者の声

高い再現性。シンプルなロジック。良質な情報だと推薦できます




自称、日本スポーツブック振興会会長の宮田です。

日本におけるスポーツブックはいまや過渡期にあるといってよい。
古くから大人の嗜みとして英国で親しまれてきたブックメーカーが英国政府公認となって半世紀。
21世紀になってからはネットの革命を経て、本当に世界の誰でも、どこからでも気軽にスポーツブックに参加できるようになった意義は大きい。

しかし日本においてはギャンブルとしての楽しさが普及するより早く、
勝率100%の投資としてのアービトラージの舞台としての認識が広がったことが、
その後のスポーツブック普及に足かせとなってしまった感がある。

現実問題として、今やアービトラージは実践不可能といってもよい。すでにMaxBet規制にかかってしまったユーザーも多いのではないだろうか。100%の勝率というのは絵に描いた餅になってしまった。

賭けごとである以上、一定のリスクがあるのは当然である。
それでも世界中のゲームを対象に、95%という高還元率でベットを楽しめるスポーツベットの魅力は大きいものだ。

ブックメーカーが日本で普及していないことの一因としては、カジノのない日本にとって、公営ギャンブルとしての競馬の役割と影響力は大きく、また、減少傾向にあるといっても、いまだ年間20兆円の市場であるパチンコ業界がメディアを通じた世論形成や法規制に影響を持つことは想像に難くない。

しかし、Youtubeなどで世界中の情報がボーダレスに飛び交い、Twitterなどではタイムラグなしに、またメディアの規制なしに世界の情報が手に入る現在のネット社会において、スポーツブックがいまだに日本で認知されていないことは大きな謎である。

イギリスを旅した方であれば、それこそ街中いたるところに、まるで日本のコンビニのようにブックメーカーが立ち並ぶ姿を目にされたのではないだろうか。

かつてはフーリガンと呼ばれる熱狂的なサポーターによりスタジアムが女性や子どもが立ち寄れない場所だった時期があり、むしろブックメーカーのほうが家族で気軽にスポーツ観戦し、そしてベットを楽しむ社交場にもなっている。

日本でもサッカーくじ(TOTO)は気軽にコンビニやネットでも買えるが、スマートフォンだけでも簡単にでき、しかもTOTOよりもはるかに高い確率で勝てるスポーツブックをぜひ、日本人に知っていただきたい。

ブックメーカーのサイトが英語であることに抵抗感を持っているユーザーもいるかもしれない。

しかし、ベットに必要な英語はごく限られたもので、コツさえ覚えれば、普段カタカナで和製英語を使いこなしている多くの日本人にとって難しいものではないことを本書では伝えている。

本書の手法は、ギャンブルを楽しむというスポーツブック本来の楽しみとはかけ離れたものだが、本書により、多くのユーザーが正当な方法でスポーツブックを楽しむことを知ることを願ってやまない。

まずは本書によって、楽しみながら勝ちつづけることを手にしていただきたい。
私個人の希望としては、その先に、ひいきの国やチームにベットしたり、
ゲームを予想することを楽しむユーザーがより多く生まれることにある。

スポーツブックの入門書として、そして常勝法として、
本書は価格以上の価値は十分にあり、良著であるといえよう。



詳細はコチラ



<関連サイト>

ブックメーカー投資ソフト『トリプルA』  口コミ